デグー不正咬合治療レポート

ねむさんの不正咬合がヤバイのである。

2ヶ月ほど前に不正咬合かもしれぬ。などと書いたんだが、物が食えぬほど進行してしまった。(不正咬合についてはココに詳しくのっています。)

下側の歯が随分伸びているんだけど嫌がって写真を撮れません。

↓元気のないねむさん

不正咬合の症状としては、

  • かじり木などの玩具で遊ぶのを嫌がるようになった
  • 固いペレットや牧草を食べなくなった
  • よだれが出る
  • 歯ぎしりのような動作が増えた
  • 口臭がする
  • くしゃみが出る
  • 片方の目に異常がある(目やに、涙目など)
  • 顔がピクピクする(神経症状)

等があげられるようなのだが、ねむさんは最近殆どに当てはまるようになってしまったのである。口内から化膿したような臭いがし、左目に目ヤニが出ている。おまけに、物がまともに食べられないようで、あきらかに栄養失調。足腰に力が入らず、ふらついており、トレードマークのくるりんとした尻尾がクタっと伸びきってしまっているのだ。

これは不味いと近くの動物病院に連れて行くことに。

事前にWEBで調べたところ、麻酔などで手術の場合2〜3万円だそうだ。(これはイタイ!が、そんな事を言っている場合じゃない。)3万円ほど下ろして、ハムスターを飼っていた頃にお世話になっていた病院に直行。

「あ〜、こりゃ随分伸びてるねー。ちょっと保定(動かないようにおさえておく事)しててね。ちょい、ちょいっと(パチン、パチン、ゴシゴシ)はい、終わりー。」

えっ?

ペンチのようなやつで、あっという間に歯を切って、ヤスリらしきものでちょっとゴシゴシとしたと思ったらもうお終い。

なんと1分(もかからない?)位で治療終了。

「餌はチモシー主体が不正咬合防止によいですよ。それから〜」

今後の注意点など含めても3分くらいの診療?。ちょっと気が抜けてしまいました。

治療代2160円(消費税込)。

歯が根元のあたりまで短くなってしまった為か、治療直後も物が噛みにくいような感じです。栄養失調気味なので、普通ではたべさせられない高カロリーなもの(クルミなどの豆類など)を少し砕いたり柔らかくしたりして与えています。

以前のように歯を気にするそぶりが消え、化膿したような口臭もなくなり、大分正常に戻ってきています。なにより、少しずつ元気な、やんちゃぶりが戻ってきたので一安心。長生きしてほしいです。

↓尻尾も元通り。

動物病院で清算している時、

「あのー、20年ほど前治療されたちぇりぼーちゃん、ちびちびちゃん、ちょろびーちゃんにごんちゃんは…?」

「えっと、亡くなりました。」

「あぁ、そうですか、カルテから消しときますねー。」

などと少し間の抜けた会話がありました。20年前の記録あるんだなぁ…ってかハムスターって書いてあるじゃん、生きてるわけないでしょ!とか心中のツッコミ炸裂。

 

10月末週

行楽日和でいい天気なので、市内をフラフラポタリング。

秋の日差しがとても心地よい一日。

帰宅して、少し工作。

ねむさんの足腰が弱くなってきたのか、段差に飛び乗ろうとして転落してしまう。見ていてショック。1段低い足場を追加し、段差の間隔を調整。

↓元はこんなでした

オークションで小動物用のペットヒーター(薄型)をめっちゃ格安にて落札。1年ほど前に作った小屋がボロボロになってきたので、手に入れたヒーターを組み込んで小屋を新築することに。いつものごとく、ろくに設計図も起こさず作成開始。が、けっこう手間取り完成できず。翌週にもちこし。

11月第1週。

川根方面にサイクリング。グーグルマップで見つけたいい感じの陸橋を目的地に設定。(全然観光名所じゃないんだけど)

山間である川根方面は大分色づいてきて紅葉もなかなか綺麗です。

家から峠を越えて65km。全く無人の山の中の小道の陸橋に到着。

長尾橋水路陸橋っていうらしい。デザインがいいよね。橋を眺めながら小一時間ほど休憩。その間全く交通なし。景観一人占めでちょっと贅沢気分。

帰りにちょっと寄り道。

塩郷の吊り橋、再訪。なかなか揺れます。

笹間湖。島のように見えますが向こう岸が半島のように飛び出しているだけ。このポイントからだと島のように見えるのです。

帰宅後、ねむさん小屋作成。なんとか完成。

屋根に明かりとりをつけてみました。「かわいいじゃん!」とせっちゃん(嫁)にも好評。ヒーター分以外で材料費約810円。殆ど100均で調達。室内総フリース貼りで床暖房完備という豪華仕様。屋根がパカッと開くギミック付き。どーよ(キメ顔)。

ねむさんも、すんなり居着いてくれた。よしよし。

11月第2週。

数日前からねむさんの衰弱が激しい。物が食べられないようなので、栄養失調と思われる。動物病院へ行き、不正咬合の治療。

11月第3週。

ねむさんの経過が大分よい。ひと安心。でもまだ食べるのに難儀している模様。早く治るといいな。

週末の天気が悪いと予報されていたのに、あにはからんや、好天。で、せっちゃん(嫁)と寸又峡までドライブ。昨年の夢の吊り橋がものすごくよかったので。

早朝から出発して約2時間で到着。

昨年とても綺麗な色だった川の色が濁っていました。がっかり。

まあ、せっちゃんは「ゆ、揺れりゅぅ〜」とか言って吊り橋を楽しんでましたが。

まわりの景色は大分色づいていて、なかなか楽しめました。

↓変なポーズを決めている人。

ついでに近くの湖上駅に。

やはり、パノラマ感が物凄く、絶景です。

ちょうど列車の発着のタイミングに当たりました。まるでミニチュアを見ているようで面白かったです。

近辺の接岨峡あたりを散策。

秋晴れで空気もウマく、穏やかにお散歩。実に健康的。

でも、結構な距離を歩いたおかげで、帰りの車中では、足腰痛いねぇ、ちょっと明日が怖いねぇ、とか情けない会話を交わしておりましたとさ。ちゃんちゃん。

 

「デグー不正咬合治療レポート」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です