あまりにダイナミックな…

うわっ
なんだこりゃ!

あまりにダイナミックな寝癖にビックリしてしまった。
完全に顔のシルエットがおかしなことに…。
一瞬、大怪我して顔の形が変わってしまったのかと思っちゃったよ。

(変でしょ↓)

いったいどんな寝方をしたらこんな風になってしまうのだろう?

↓ゴシゴシして直してあげている。

せっちゃん(嫁)談
「いや、飼い主もサリーちゃんのパパみたいな髪して会社にいくことあるから、あまり人の事言えないよ。」

(↓サリーちゃんのパパ)

なかなか寝癖がとれないので、とりあえず飼い主の腕をガジガジするねむさん。
イタイってば。

 

 

さて今週は、八十八夜は過ぎてしまいましたが、新茶の季節であるので”茶畑サイクリング”としゃれこみまして、牧之原台地を抜けて金谷のあたりまで漕いで来ました。(しょっちゅう走ってる道だね)

吹く風が爽やかな、よい季節です。

個人的に大好きな山村暮鳥の詩「風景」に

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
かすかなるむぎぶえ
いちめんのなのはな

ってのがありますが、

いちめんのちゃばたけ
いちめんのちゃばたけ
いちめんのちゃばたけ
いちめんのちゃばたけ
いちめんのちゃばたけ
いちめんのちゃばたけ
いちめんのちゃばたけ
おばちゃんのちゃつみ
いちめんのちゃばたけ

みたいな風景が続きます。

ときおり薫る、製茶工場で蒸しているお茶っぱの芳香がたまりません。新茶の袋に鼻をつっこんで深呼吸しているよう。
静岡に生まれて得したなぁ、と思う瞬間です。
(いや、わからんだろうなぁ、この感じ)

やってきました、ふじのくに茶の都ミュージアム(旧お茶の郷博物館)。

今年の春にリニューアルオープンした施設で、なかなか評判もよろしいようなので、ちょいと覗いてきた次第。

特徴的な建物が示すように館内の展示もとてもお洒落。

なおかつ、とても力が入ってる感が強く、やたらと詳しいお茶の解説。

高級なお茶は手もみであることは知っていましたが、静岡県内だけでもいくつもの手もみの流派があって、各派一子相伝の秘技を伝えているのだそうです(一子相伝うんぬんは嘘)。手もみの手法も八つくらいを組み合わせているのだそうで、なかなか奥が深いのであーる。(←知ったばかりの知識なのにエラそう)

そんなに大きなところでもないので、一時間もあれば見て廻れるくらいですが、思ったより楽しめました。

体験料を払って、お茶のブレンド(¥300)や、抹茶の石臼ひき(¥100)もやってきました。それぞれ、おみやげに持って帰れます。

抹茶の粉茶は毎朝食しているヨーグルトに混ぜていただきました。
お茶の香りがふわっとひろがってせっちゃん(嫁)にも好評です。

帰りにお馴染みの棚田によって、握り飯の昼食。田舎の新緑もまぶしくて、とてもまったり。よい休日でした。

↓やっと寝癖がとれてまったりするねむさん。


ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です